世界の言語ランキング翻訳と添削‼

世界の言語ランキング【決定版】!最強の言語【TOP10】を紹介します。

今回は「世界で最強の言語トップ10」をランキング形式でご紹介します!

みなさん、本当に強い言葉は何語だと思いますか?

先日翻訳しなければならない仕事がありまして、調べているうちにいったいこの地球上にはいくつの言語が存在するのだろうかと知りたくなりました。地球には約200か国ほどの国が存在するから、その国の数ほどの言語があるのかな?そう思って調べていると、とんでもない事実を知りました。なんと7000語以上あるそうです。(驚きです)このサイトでは、わたしが今回翻訳に使ったり調べて、便利なアイテムも紹介したいと思いますが、その前に〝りょーたさん”のレポートをシェアさせていただきますので、興味ある人はぜひご覧ください。

(りょーたさんのレポートここから↓です。)

「①母語話者・第二言語話者の数字が分かるランキング、②世界で最も使用される言語ランキング、③世界で最もパワフルな言語TOP10」の順で書いていきます。

そして最後に「将来(2050年)、最も影響力の出る言語ランキング」も載せてあるのでそちらも必見です。

突然ですが世界でどれくらいの言語数が存在するか分かりますか?この地球には約200か国ほどありますが「言葉の数も国の数と同じくらいでしょ」と思っている方がいたら、かなりのショックを受けることでしょう。

2015年版のEthnologueによるとなんとその数は7097言語だそうです。

とんでもない数字で想像し難いですが、それほどの言葉が世界で使用されているんですね。

ところがそのうちの約2000言語は1000人以下の話者しかいなかったり、主要言語に移行することによって少数派の言葉が失われつつあります。

実のところ、多くの学者は3000を超える言語が次世代にはなくなってしまうと予測しています。

ますます近代化が進んでいる昨今では、マイノリティ派の話者がより使用されている主要言語へと移行しています。例えば、英語・中国語・スペイン語などの言葉は、世界でよく使用されている言語比率を大幅に占めています。

反対に、少数民族や小国で使用されているような言語の話者比率は圧倒的に低いですよね。

さらに、グローバル化が進む現代では当たり前のように海外に旅行ができ、ネット上などで各国の人々と簡単に交流ができるようになりました。言語・言葉は多様な文化や人々を結ぶツールとしての役割を果たします。

3つのデータ統計から見るランキング

本題の前に確認しておきたいことは、本記事の趣旨は、最も学ぶ価値がある言語トップ10を紹介することです。母語話者数や使用頻度率だけの表面的な情報にとらわれず、様々な基準でクリアした最もパワフルな言語を導きだします。

しかし、世界言語ランキングに関する情報や記事は多く出回っていますが「問題点として、その順位が不安定」であることが多いのも事実です。その理由は、情報源にタイムラグがあったり、順位を決める基準が異なることにあります。

最も大切なことは、それぞれの情報を正しく整理して理解することです。例えば、学習言語として人気な英語やフランス語の場合、母語話者数だけをカウントしたならばその順位は下がってしまいます。

なぜなら、この両言語は母語話者数よりも第二言語や公用語として使用されている割合の方が圧倒的に多いので、母語話者数だけで他の言葉と比べてしまっては不利になります。中国語の母語話者は約10億人に達するので敵いませんよね。

何が言いたいかというと、そのような統一性のない情報源のせいで読み手が混乱してしまい、結局どの言語・言葉に最も学ぶ価値があるかという疑問を解決できなくなってしまうということです。

ですので、本記事では3つのデータを用います。1つめのデータは母語話者・第二言語話者のランキング、2つめは世界でよく使用される言語ランキング、そして最後に最もパワフルな言語トップ10をご紹介します。

こちらの表は2015年版「Ethnologue」による母国語と第二言語話者数のランキングです。若干古いデータのものが入ってたり、新しいデータのものが混ざっているので、あくまで参考にして下さい。話者数の変動は激しいです。国民の総人口に直接影響を受けるので、その点に注意をしてください。また、この数字には言語習得者の数が含まれていません。
  • 1 中国語 10億5100万人  

(母語話者:8億9900万人 第二言語話者:1億7800人)

  • 2 英語 8億4000万人

(母語話者:3億3000万人 第二言語話者:5億1000万人)

  • 3 スペイン語 5億7000万人

(母語話者:5億人 第二言語話者:7000万人)

  • 4 ヒンドゥー語 4億9000万人

(母語話者:3億7000万人 第二言語話者:1億2000万人)

  • 5 アラビア語 4億2200万人

(母語話者:2億9000万人 第二言語話者:1億3200万人)


やはり、話者数となると中国語が1位ですね。また今後も人口が増えると予測されているので、おそらく人口数でいったら1位をきっと独占し続けると思います。2位は世界共通語とも呼べる英語がランクインです。

母語話者の少なさに驚かれる方もいるのではないでしょうか?

3位はラテンアメリカで国際語となっているスペイン語がランクインをしました。スペイン語はほとんどの中南米で通じるグローバルな言語です。4位と5位は近年需要が上がってきているヒンドゥー語とアラビア語です。

インドは人口が多いことでも知られていますが、多民族や様々な宗教から派生する超多言語国家です。


  • 6 マレー語 2億8100万人

(母語話者:7700万人 第二言語話者:2億400万人)

  • 7 ロシア語 2億7500万人

(母語話者:1億6000万人 第二言語話者:1億1500万人)

  • 8 フランス語 2億7200万人

(母語話者:8000万人 第二言語話者:1億9200万人)

  • 9 ポルトガル語 2億6200万人

(母語話者:2億3000万人 第二言語話者:3200万人)

  • 10 ベンガル語 2億4500万人

(母語話者:2億2600万人 第二言語話者:1900万人)


「7位ロシア語」と「8位フランス語」の上にランクインしたのはなんと「6位のマレー語」です。個人的には意外でしたが、マレー語は人口が多いインドネシアやマレーシア、シンガポールなどで公用語となっています。

ちなみに10位のベンガル語はバングラディシュやインドなどでよく使用されています。

このランキングは話者数を基準にしたものですが、2つめのデータでは「世界でよく使用される言語」について見ていきます。こちらの統計ではバイリンガルや言語習得者も集計に入るので、上記のランキングとは異なります。

②世界で最も使用される言語ランキング

「The most spoken languages world wide」という表題から持ってきた統計です。引用元は1万8000以上の情報ソースを所持する「Statista」からです(最終閲覧日2017-04-12)。世界で最も話されている言語ランキングをトップ10までご紹介します。母語話者・第二言語話者・言語習得者の全てを合わせた数字です。

  • 1 英語 15億人
  • 2 中国語 11億人
  • 3 ヒンドゥー語 6億5000万人
  • 4 スペイン語 4億2000万人
  • 5 フランス語 3億7000万人
  • 6 アラビア語 3億人
  • 7 ロシア語 2億7500万人
  • 8 ポルトガル語 2億3500万人
  • 9 ベンガル語 2億3300万人
  • 10 ドイツ語 1億8500万人
  • 世界で最も使用されている言語はやはり英語でした。バイリンガルなどの多言語習得者なら大体英語は話せるというイメージもありますよね。もしこのデータが正しければ、世界の総人口が約70億だとして、英語が話せれば地球にいる約20%の人達と繋がれるという解釈ができます。ここで、注目すべきポイントは母語話者と第二言語話者の比率でしょう。第二言語話者の割合が多い言葉は比較的に国際言語として役立ちます。反対に母語話者の比率が大きい言語はその特定の国内で重宝されることを示していると考えられます。その例にまさしく当てはまる日本語は11位にランクインしています。
    ランキング集計・統一の難しさ

    ここまで2つのデータ・統計を見てきましたが、残念ながら集計の一致は難しいと感じました。この記事を書く前に、英語で書かれた多くの情報や記事をリサーチしましたが、どれもばらばらの集計や数字を出していました。

    特に今回のトピックのような大規模な数字をまとめるのは相当難しいことだと思います。むしろ物理的に、正確な数字を出すことやそれを統一することは不可能であるという一説も海外の記事で見つけました。

    なぜなら、世界の人口は刻々と変わっていて、それに付随する言語や文化情勢も常に変化しているからです。しかし、今回の本題にまつわるあらゆる情報を探していた時に、興味深いランキングと出会ったんですよね。

    それは世界で最もパワフルな言語を数値化にしたもので、5つの基準から各言語を点数化してランキング形式にされていました。つまり、このデータは”世界で最強の言語を決定”づけているものです!

    ③世界で最強の言語トップ10を発表!

    2016年に「World Economic Forum」が発表した”The most powerful languages in the world”というデータがあります。これは「①地理力 ②経済力 ③コミュケーション力 ④知識&メディア力 ⑤外交力」の5つの項目から世界で最強の言語を数値化しランキングにしたものです。

評価方法

1.00ポイントが最高評価で、各項目にある数字はランクを指しています。数字が大きい項目はマイナスポイントになり、反対に数字が低ければプラス項目になります。各項目の評価比率は①~④までが22.5%、⑤が10%という配分です。

  1. 地理力(Geography):旅行先で当言語が通じるかどうか(どのくらいの範囲で言語が通じるか等)
  2. 経済力(Economy):経済に参加できる力があるかどうか(GDPや総輸出額など)
  3. コミュニケーション力(Communication):会話に交わる力
  4. 知識&メディア力(Knowledge&Media):知識やメディア力(ネットにおいての情報量やアカデミック論文など)
  5. 外交力(Diplomacy):国際関係に交わる力(国際通貨基金や国連など)

それでは、いよいよ世界最強の言語トップ10を見ていきましょう!

世界最強の言語ランキング決定!TOP10はこちらです↓↓
  • 1位 英語 0.889(1・1・1・1・1)
  • 2位 中国語 0.411(6・2・2・3・6)
  • 3位 フランス語 0.337(2・6・5・5・1)
  • 4位 スペイン語 0.329(3・5・3・7・3)
  • 5位 アラビア語 0.273(4・9・6・18・4)
  • 6位 ロシア語 0.244(5・12・10・9・5)
  • 7位 ドイツ語 0.191(8・3・7・4・8)
  • 8位 日本語 0.133(27・4・22・6・7)
  • 9位 ポルトガル語 0.119(7・19・13・12・9)
  • 10位 ヒンドゥー語 0.117(13・16・8・2・10)


やはり「世界最強の言語第1位は英語に決定」です!

2位の中国語との差を約倍に広げて断トツでの優勝。驚くべきことは全項目で最高評価である1位を獲得したことです。唯一のマイナスポイントは英語の母語話者数の数です。中国語(マンダリン)の半数もありません。

1位から10位までのランキングを見るとやはり凄い顔ぶれですね。納得できます。学習言語として比較的人気なフランス語とスペイン語も上位に入ってますね。

嬉しいことに日本語も8位にくい込んでいます。日本語のネックなところは、習得しても日本国内以外(海外)で日本語を使える機会があまりないということ。

10位のヒンドゥー語に関しては、もし全ての方言が一つに統一されれば9位のポルトガル語と8位の日本語を追い抜かしそうです。5位のアラビア語にも注目ですね。

2050年(将来)の言語ランキング予測

最後におまけとして、将来の2050年には順位が変動するのか?という疑問にも答えていきたいと思います。中国語の需要がいつか英語を上回ってしまうのではないか?と考える人もいるかも知れません。先程と同様に「World Economic Forum」がその予測をPLI(Power Language Index)に基づいて発表しているので、ご紹介します。順位に変動があった言語のフォントは黒字表示。また、各言語のポイント数に上下があれば↑↓のように矢印で表しておきます。

  • 1位 英語 0.877 ↓
  • 2位 中国語 0.515 ↑
  • 3位 スペイン語 0.345 ↑
  • 4位 フランス語 0.325 ↓
  • 5位 アラビア語 0.295 ↑
  • 6位 ロシア語 0.242 ↓
  • 7位 ドイツ語 0.155 ↓
  • 8位 ポルトガル語 0.149 ↑ 
  • 9位 ヒンドゥー語 0.138 ↑
  • 10位 日本語 0.110 ↓1位は不動の英語でした。ポイントは微妙に下がったものの2位の中国語と比べてもまだ大差があります。しかし、中国語のポイントは前回の「0.411」から「0.515」へとスコアを上げています。前回4位のスペイン語が3位に浮上し、5位のアラビア語は順位こそ変わらなかったものの、ポイントの上昇率は大きいです。残念ながら日本語は8位から10位へとランキングを落としました。2050年だとやはり人口がかなり減っていますね…

    ★いかがでしたか?今回は「最もパワフルな世界言語ランキング」を3つのデータからご紹介しました。改めて英語の重要性・必要性というものを痛感したり、様々な言語への新しい発見もあったのではないでしょうか。どの外国語を学ぶべきか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。*この記事の出典は*りょーたさんです。りょーたさんの記事をシェアさせていただきました。

それでは、お約束の私が選んだ高精度なAI翻訳ツールをはじめ翻訳代行サービス、アイビーリーグレベルのエッセイ編集・添削・翻訳サービスなど、合計7選をご紹介いたします。

1.TOEIC900点レベルの高精度なAI翻訳ツール【COTOHA Translator】


圧倒的な翻訳スピードで「働き方改革」を実現するというAI翻訳ツールを紹介します。

(1)TOEIC900点レベルのビジネスパーソンに匹敵する翻訳精度   ニューラル機械翻訳技術によりこれまでにない翻訳精度を実現、専門用語も辞書登録で対応可能

(2)「ファイル翻訳」で会議資料やレポートをまるごと翻訳   翻訳したいファイルをドラッグアンドドロップするだけで、 誰でも使えるシンプルなユーザーインターフェース。   Word、Excel、PowerPoint、PDFなどのビジネス文書をそのままのレイアウトで瞬時に翻訳します。

(3)圧倒的な翻訳スピードで「働き方改革」を実現   翻訳時間は人間の数十~数百分の一、翻訳作業に稼働を奪われる時代は過去のものです。

◆こんな方におススメです‼◆

(1)企業規模は問いません。

(2)業種・金融、製造、医薬、法律、特許など  ・海外レポート、海外現地法人とのやりとり、海外製品の仕様書などの翻訳を必要とする業種  ・専門用語を含む文章を翻訳したい企業  ・機密性がある内容を含む文章を翻訳したい企業

◆ ・特許情報、新製品情報など無料のインターネット翻訳では情報漏えいに不安がある情報を扱っている方。 ・社外に翻訳を委託していてコスト削減したい企業の方。

◆ ・Word、Excel、PowerPointなどのビジネス文書をそのままのレイアウトで翻訳するので、  海外製品のマニュアルの日本語化など大量に翻訳作業をしている企業・部署にご活用いただいていることが多いそうです。

サービス概要イメージ

※チューニングはビジネスプラン/エンタープライズプランで対応しています。
詳細は弊社営業担当者までお問い合わせください。

■ビジネスプラン
より大人数での利用を想定したお客さま専用エンジン提供型のプランです。

■エンタープライズプラン
すべての環境がお客さま専用に提供され、ユーザー情報や翻訳データなども暗号化処理されるセキュリティ強化型のプランです。

詳しくはこちらから↓

2.翻訳代行サービス【翻訳代行 一括.jp】



翻訳代行サービス【翻訳代行 一括.jp】お問合せプログラムの紹介です。

翻訳代行をお考えのお客様が簡単に比較・一括お問い合わせが無料で行えるサイトです。

もちろん、お問い合わせ時点では契約にはなりません。

業者からの回答を聞いた上で、比較・検討頂けます。

料金も一切かからないので、翻訳代行をお考えの企業様にはお勧めです。 是非一度お試しくださいご紹介いたします。

詳しくはこちらから↓

3.【夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)】



74言語双方向の翻訳機  
英語や中国語はもちろん、スペイン語やドイツ語など英語の通じにくいエリアの言語にも対応するというAI通信機の紹介です。
・高い翻訳精度
クラウド上のエンジンジンを用いることで、常に最新。言語ごとに最適な翻訳エンジンを利用できます。
・109の国や地域ですぐ使える  グローバルSIM内蔵モデルなら109の国や地域に対応し、旅行先ごとに買い直したり設定を変えたりする必要がありません。
SIMは2年間使い放題で、追加費用も一切かかりません。
◆こんな方におススメです‼◆ ・海外旅行ユーザー  ポケトークで旅行の不安や、不便を解消 ・語学ユーザー  日本語で吹き込み、対訳も表示されるため自分専用の辞書代わりにも。(本体に履歴が10,000件残る)  また、正しく読み取られるか確認することで、発音チェックにも使えます。
・ビジネス  急な出張や、転勤、現地の言葉が話せない家族の同伴などにも便利。
 また、翻訳結果をブラウザ連携することで日本語でプレゼンテーションして、外国語を画面に表示させる事も可能です。
詳しくはこちらから↓

4.【海外WiFiレンタルのグローバルWiFi】


海外WiFiルーターのレンタルサービスの紹介です。

海外でインターネットするなら【グローバルWiFi】 株式会社ビジョンが運営する、海外WiFiルーターのレンタルサービスです。

グローバルWiFiがあれば、海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットで 快適なインターネットの利用が可能です。

【海外旅行】 その場で現地情報の検索、翻訳アプリ・マップアプリを使ってアクティブに! SNSだってサクサク投稿できちゃいます!!

【海外出張】 現地に着いたらすぐメールチェックができるので、海外にいてもスピーディーに対応可能。 緊急時の国際電話も無料通話アプリや格安IP電話でオトクに通話ができます!

☆★☆グローバルWiFiが選ばれる理由☆★☆ 【高品質&低価格】 世界30以上の通信会社と連携している強みを生かし高品質で低価格を実現!

【豊富なプラン】 高速通信4G-LTEでの提供エリアは、88の国と地域で業界最多クラス。

また、データ容量が1日あたり500MB・1GB使える大容量プランも多数の国で提供。 新たに無制限プランも拡大中です!

【業界最多クラスの受取り拠点数】 受取・返却場所は国内16空港2営業所。海外は、ハワイ・韓国・台湾で受取返却ができるなど 受取可能な場所が豊富で便利!また、空港で受取れない方には宅配での受取り返却サービスがございます。

プランによるデータ容量の違い
大容量プラン(600MB)のデータ通信料の目安
詳しくはこちらから↓

海外出張が多いビジネスマンは持っていった方がいい
>>> できるビジネスマンは GLOBAL WiFi

5.アイビーリーグレベルのエッセイ編集・添削・翻訳サービス【TopAdmit】


TopAdmitのアイビーリーグレベルの編集サービスを紹介します。

10年以上、TopAdmitはアジアの最大級オンラインエッセイ編集サービスとして人学生を向きにして、 志望動機書・パーソナルステートメント・入学出願添削等アイビーリーグレベルでの編集サービスを提供しているサービスです。
【添削サービス】とは経験豊富なコンサルタントが お客様のエッセイに編集を行いで直接アドバイスをするサービスです。
【エッセイ編集では文法、語彙選択の修正の上、 ロジックや文章流れの改善をしながら、実績・人柄・魅力等ユーザーの思いを伝えて 最高のエッセイを作り出すサービスとなります。 【エッセイ翻訳】のサービスは翻訳家と編集者の2段階の作業で、プロの翻訳家が翻訳を担当し、 そのエッセイを欧米一流大学卒の経験豊富なネイティブ編集者が更にブラッシュアップしますので、 最高の品質をお約束できるオプションです (対応言語: 中国語 (簡体字), 中国語 (繁体字), フランス語, ドイツ語, イタリア語, 日本語, 韓国語, ポーランド語, ポルトガル語, ロシア語, スペイン語, タイ語, ベトナム語)。
◆こんな方におススメです‼◆ 主に18-35歳海外での入学・留学・派遣等を狙う高校生、学生、従業員。
◆ エッセイ編集・添削・翻訳の必要がありそうな22-35歳のMBA・EMBA・GMAT・大学院生等の方々におすすめです。 特徴はネットで簡単・スピーディで(返却は48時間以内)、 欧米一流大学卒の経験豊富なネイティブ編集者・プロの翻訳家が勤めている 多数言語対応のアイビーリーグレベルの編集サービスなのです。
詳しくはこちらから↓

6.166円からの英文添削・英語添削・英語日記添削【アイディー】



▼英語添削アイディーとは 24時間、世界中の英語専門家・ネイティヴが英文を添削。
「なぜこのような添削結果になったのか」を丁寧に解説する オンライン英語添削サービスです。 サービス開始後、添削1回あたり166円~という手軽さが話題を呼び NHK「おはよう日本」や「日刊工業新聞」等にも取り上げられ、 登録メンバー数が2万人を突破、添削実績は170,000件を超えるということです。
▼特徴 正確な添削結果に丁寧な解説が付録 世界中の英語専門家が24時間待機しているというのは、特徴的なポイントですね。24時間利用可能。 毎日、日替わりで英作文の課題に挑戦可能。 価格は1回166円から。 スマートフォンやタブレットでも利用可能。 今だけメンバー登録で1200円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中!
詳しくはこちらから↓

7.最短3時間納品。363円からの英文校正・英文翻訳「アイディービジネス」


最短3時間で納品できる業界最速のスピード校正・スピード翻訳サービスの紹介です。

▼オンライン英文校正・英文翻訳アイディービジネスとは 24時間、世界中の英語専門家・ネイティブがオンラインで 英文を校正・翻訳を担当。最短3時間で納品できる業界最速のスピード校正・スピード翻訳サービスです。

1回のご利用がわずか363円からご利用頂けるため、 気軽に使えるネイティブチェック・校正サービスとして、 医療関係者やエンジニア、ソフトウェア・アプリ開発者、 ビジネスマンなど幅広いお客様にご利用頂いており、 登録メンバー数は2万人を突破したということです。

また、指名機能により、同じ講師に校正依頼が可能な為、 品質を落とさず低価格で、校正や翻訳がご利用頂けます。

▼特徴 お見積りはすべて自動。24時間ご利用可能。 1回あたり、わずか363円からご利用頂けます。 講師は「英語専門家」と「ネイティブ」のどちらかをお選び頂けます。 最大2000単語までの英文をスピード校正・ネイティブチェック&日英・英日翻訳。 専門性の高い医療系英文・工学系英文、 法務系英文などもすべて同一料金でチェック・校正が可能。

講師を検索することできるため、 お客様が好きな講師をプロフィールから選び、ご依頼が可能。 今だけメンバー登録で1200円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中!

詳しくはこちらから↓

【まとめ】

お約束の私が選んだ高精度なAI翻訳ツールをはじめ翻訳代行サービス、アイビーリーグレベルのエッセイ編集・添削・翻訳サービスなど、合計7選をご紹介いたしました。
いかがでしたでしょうか⁉お役に立てたなら、大変うれしく思います。下記に今回ご紹介のアイテム7選まとめました。いつでも再検討できますよ///^^ありがとうございました。

1.TOEIC900点レベルの高精度なAI翻訳ツール【COTOHA Translator】

PowerPointもレイアウトそのままでAI翻訳「COTOHA Translator」

2.翻訳代行サービス【翻訳代行 一括.jp】

翻訳の比較サイトはこちら

3.【夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)】

SIMは2年間使い放題。夢の通訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」

4.【海外WiFiレンタルのグローバルWiFi】

海外パケット定額
>>>1日300円から

5.アイビーリーグレベルのエッセイ編集・添削・翻訳サービス【TopAdmit】

入学出願のプレミアムエッセイ編集サービス
エッセイをアップしましょう!

6.166円からの英文添削・英語添削・英語日記添削【アイディー】

NHK「おはよう日本」で紹介された話題のオンライン英語添削[アイディー]

7.最短3時間納品。363円からの英文校正・英文翻訳「アイディービジネス」

アイディービジネス

以上 翻訳に関する情報とアイテム7選でした。

By Mac

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする