馬刺し馬肉&めずらしいミートガイ‼

馬肉の美味しさの秘密

今回は特別に、私の大好物「馬刺し、馬肉」を紹介させていただきます。

「馬刺し、馬肉は」めずらしいしおいしいので、贈り物にも喜ばれるし自宅でも何かの記念日などにはよく食べます。

なぜ、馬肉が桜肉と呼ばれるようになったのか?下記の「馬刺しGちゃんの話」で語っていますので、お楽しみください。

どれも本当のような嘘っぽいような説ばかりですが、みなさんはどの説が有力だと思いましたか?
真相は定かではありませんが、お酒の席で馬刺しを囲みながらこんなうんちくを語り合えるのも、馬刺しの魅力の一つではないでしょうか。
低カロリーで高たんぱく、さらにミネラルとビタミンが豊富なうえにグリコーゲンもたっぷり。さらに話のネタにもなる馬刺し。居酒屋では食べたりない!と思う方は、ぜひ新鮮な馬刺を、このコーナーの中ほどから注文をして、たっぷり味わってください。

馬刺しGちゃんの話

馬刺しが桜肉と呼ばれる理由(わけ)は?!

イノシシの肉を「ボタン」、シカの肉を「もみじ」というように、馬肉のことを「サクラ」というのはみなさんご存知かと思いますが、ではなぜ、「桜肉」と呼ばれるようになったのかわかりますか?これには諸説ありますので、いくつかご紹介しますね。

馬刺しが桜肉と呼ばれるようになったわけは⁇

みなさんもどの説が有力か、一緒に考えてみてください。

肉が桜色だから

馬肉
新鮮な馬肉は、赤みがかった美しい桜のような色をしています。そこから「桜肉」と呼ばれるようになったというのが、広く伝わっている説です。確かに新鮮な状態であれば桜色をしていますが、時間と共に黒ずんでしまうため、どれほどの人が桜に見立てていたのかと考えると、この説もちょっとね⁉笑笑///

桜の咲く頃が食べごろだから

桜
冬を越すために、たくさんエサを食べて脂肪を蓄えた馬を食べるのは、春の桜が咲く頃が旬だからという説です。それなら馬に限らず、牛も豚も同じことがいえるので、この説も怪しいですね。笑笑///

坂本龍馬と高杉晋作の歌から⁇

坂本龍馬像
幕末の英雄、坂本龍馬と高杉晋作がお酒を飲んだ時に、「咲いた桜になぜ駒つなぐ 駒が騒げば花が散る」と歌ったところ、駒が馬に変換され、そこに桜という言葉が付いて「桜肉」となったという説です。難解なうえに、いくら偉人でも酔っ払いの歌に、それほど影響力があるとは思えませんが...笑笑///

肉売り詐欺⁉

鍋料理用の高価な牛肉と偽って馬肉を販売したことから、お客のふりをして商品を買わせることを「サクラ」と呼ぶのにひっかけて、そう呼ばれるようになったという説です。社団法人 日本馬肉協会からクレームが来そうな話ですね。

高村光太郎の詩から⁉

詩人の高村光太郎の詩「夏の夜の食欲」の一節「ビフテキの皿に馬肉(ばにく)を盛る。泡の浮いた馬肉(さくら)の繊維(前後略)」から命名されたという説です。確かに文豪ですが、それが全国に波及するのか疑問です。ちなみに奥様の智恵子は、馬刺しも美味しい現在の福島県二本松市の出身ですが、たぶんこの説とは関係ないでしょう。笑笑///

如何でしょうか?馬刺しGちゃんの話、勉強になりましたか?馬刺しで一杯やるときのうんちく話にどうぞお使いくださいね・・。

安全安心な「馬刺し・馬肉」は下記からご注文いただけます。

馬刺し・馬肉売上日本一【菅乃屋】の国産馬刺し景品目録セット



今回ご紹介する「馬刺し、馬肉」は、

「テレビや雑誌でも話題!」「馬刺し、馬肉の売上日本一の菅乃屋!」  馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ!【馬肉専門店】菅乃屋ミートの販売促進プログラムです。

・寛政元年(1789年)創業の馬肉専門店「菅乃屋」 ・数々のTV番組や雑誌などに掲載

↓↓↓詳しくはこちらから↓↓↓

http://www.suganoya.com/fs/suganoya/c/gr19?grid=cont

創業寛政元年、本物にこだわり続ける心「鮮馬刺しの菅乃屋」

飼育から生産まで自社牧場【千興ファーム】から仕入れ・販売しているため徹底した衛生・鮮度管理の上、食卓へお届けします。

自宅用、ギフトにも!馬肉・馬刺し売上日本一の【菅乃屋】公式通販サイト


ギフト用途別おすすめ商品

選べるギフト
内祝いギフト

鮮馬刺しの美味しい食べ方

 

解凍方法

菅乃屋ブログ 最新記事

お客様の声

最強のセットですね!昨年も美味しくいただきました。にんにくをおろしてタレに混ぜるのおススメ、とにかくロースは甘さ倍増!レバ刺しはごま油と塩でワインと相性良いです。

一人暮らしの息子(その2)に暑中見舞いにおくり「うまい」と言われました。2人に送ったので出費が痛かったのですが、喜んでくれて良かったです。

一人暮らしの息子に送り、おいしいと喜ばれました。「熊本の馬刺しがよい」と指定してきましたので笑

電話で問い合わせたところ、馬刺しは冷凍で作らなきゃいけないそうで、食べるまで期待半分でした。が、実際たべてみたら驚きでした!ロース、上赤身は正直言ってどんだけでも食べられますよね。

菅乃屋 期間限定特集

HACCPロゴ 弊社工場は、日本でもトップクラスの衛生管理を誇るHACCP対応可能な施設と、生産される製品は、2002年5月にオーストラリア政府が開発した食品安全認証制度 SQFを取得しました。現状 精肉の中で唯一「生」で食することができる『馬刺し』を、安心してご利用いただける環境づくりに、とことんこだわっております。

ここが違う!菅乃屋の究極馬刺しクオリティ

ここが違う!菅乃屋の究極馬刺しクオリティ

菅乃屋が紹介されました TV・雑誌掲載商品

鮮馬刺しの菅乃屋通販の馬肉の特徴

馬肉写真馬肉の特徴は、他の畜肉と比較すると栄養価が高く、以前より滋養強壮、薬膳料理ともされておりました。

  •  牛、豚、鶏などの肉より、低カロリー、低脂肪、低コレステロール、低飽和脂肪酸、高タンパク質
  •  タンパク質が多いだけではなく、アミノ酸が豊富。
  •  ミネラルの内、カルシウムは牛肉や豚肉の3倍、鉄分はほうれん草・ひじきよりも多く、豚肉の4倍・鶏肉の14倍。
  •  ビタミンAやビタミンEなど、多種のビタミン類の含有が豚肉や牛肉よりも多く、ビタミンB12は牛肉の4倍。

※文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

このような特徴ある「馬刺し」「馬肉製品」を、製造工場より直接お届けさせていただきます。また、「製品形態」が、法令により「冷凍化」され、安定した「品質」での お届けが可能となり、併せてご自宅での「冷凍保管」も容易となりました。

鮮馬刺しの菅乃屋通販 8つのお約束

  • 1.送料サービス
  • 2.便利な支払い
  • 3.料理レシピ付
  • 4.送のし無料
  • 5.メッセージカード無料
  • 6.ギフト袋無料
  • 7.鮮度抜群冷凍!
  • 8.当日カット

熊本で愛される郷土食「鮮馬刺し」を全国へ

熊本写真馬刺しは熊本県を代表する特産品であり、古くから愛され続けている郷土食です。
馬刺し製品製造・販売に携わることは、熊本県の食文化を守ることと考えております。
今後は、永く『熊本で愛される郷土食:馬刺し』を全国に発信し、
地域グルメ情報と共に、新たな食文化を広めたいと考えます。

鮮馬刺しの菅乃屋 実店舗のご案内

  • 上通り店
  • 銀座通り店
  • 西原店
  • ホルモン
  • JR博多シティ店
  • 熊本駅店

家族写真 弊社「菅乃屋 通販」は、これからも「おいしくて」「安全」「安心」そして「健康」な馬刺し製品を全国に提供し続けたいと取り組んでまいります。

今後とも、お届けする品質向上と、お客様の声に基づくサービスを心掛けてまいります。よろしく お願い申し上げます。

鮮馬刺しの【菅乃屋】ユッケ


安心して生で食べられる馬肉のユッケ。
菅之屋の馬刺しは飼育から生産まで自社牧場【千興ファーム】から仕入れ
・販売しているため徹底した衛生・鮮度管理の上、食卓へお届けします。
厚生労働省の生食基準を全てクリアした馬肉です。
ゾーンニング
製造ライン
このように、徹底した衛生管理と鮮度管理が出来る菅乃屋だからこそ、全国どこでも「美味しくて安心・安全」熊本の菅乃屋の味がお楽しみいただけます。
安心1歳までは、九州や北海道の牧草地で育てることで強い内臓と骨格を作り、その後3~4歳までは、きれいな馬小屋(肥育舎)で圧ペン大麦・白フスマなどをたっぷり与えて、肉付きよく太らせていきます。美味しい鮮馬刺しの肉用馬は、刺身で食べるのにうってつけの柔らかさと甘味があります。料理方法といたしまして刺身は勿論、焼物、炒め物、煮物、お鍋と幅広くお使い頂けます。子供から大人までどんな方のお口にも合うのです。
厚生労働省の生食基準をクリアした世界レベルの衛生基準「HACCP」と「SQF」を取得し、日本でもトップレベルの設備が整った工場で、解体ラインから製造・出荷まで一貫したシステムで、「安心」「安全」な状態のまま皆様の食卓に運ばれます。

2.自宅用、ギフトにも!馬肉・馬刺し売上日本一の【菅乃屋】公式通販サイト

馬肉専門店【菅乃屋】店長超おすすめ桜セット!

3.鮮馬刺しの【菅乃屋】ユッケ
馬刺しユッケを本場の熊本からお取り寄せ・馬肉専門店【菅乃屋】

番外

スーパーでは手に入らないユニークなお肉がたくさん!BBQにも!【ミートガイ】

スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】

これですべてのお知らせは終了です。

あなたにカンパーイ!!あなたに幸せを‼

By Mac

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする